MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)コラム > 脳神経

聴神経腫瘍
【ちょうしんけいしゅよう】

 聴神経腫瘍は、前庭神経という、バランスをつかさどる神経から発生する良性脳腫瘍で、脳腫瘍の約10%を占めます。症状はほとんどが一側の耳鳴りと難聴で、めまい感を伴うこともあり、多くは耳鼻咽喉科で発見されます。腫瘍の存在する後頭蓋窩(こうずがいか)の小脳橋角部や内耳道という場所は、CTでは大きな腫瘍以外は診断が困難でしたが、近年、MRIの普及により、腫瘍が小さいうちにこの病気と診断される機会が増えています。
 小脳橋角部に発生する腫瘍の約2/3が聴神経腫瘍ですが、この腫瘍には通常、顔面神経・蝸牛(かぎゅう)神経・上前庭神経・下前庭神経・中間神経と5本の神経がからみついており、前2者はそれぞれ顔面機能と聴覚という、非常に重要な機能を担当しており、腫瘍を切除する際にこれらの神経機能を落とさないことが重要となってきます。このために、手術中には術中モニタリングとして、顔面機能や聴機能をチェックしながら腫瘍切除を進めることが一般的です。聴神経腫瘍の手術は脳神経外科の手術の中でも最も難しいとされ、熟練度によって、手術成績はまったく異なってしまいますので、手術治療を受ける際には、聴神経腫瘍手術の専門家に依頼することが理想的です。セカンド・オピニオンを含め、最近は患者さんがインターネットなどで情報を入手して、ご自分の足で動いて納得する治療を受けることが当たり前になってきていますので、とくにこの病気については専門家を訪ねることが無難と思われます。
 手術だけでなく、放射線治療も近年は標準的な治療となってきていますが、この治療では腫瘍が消失するわけではなく、放射線治療後の再増大の際には、手術がさらにいっそう難しくなることも指摘されており、開頭手術とはまったく性格の異なる治療と考えるべきです。高齢者や手術リスクのある患者さんには放射線治療は有効ですが、若年者や腫瘍が大きい場合には、一般的には開頭手術が勧められます。この腫瘍は、治療方針が各施設や各医師によってまったく異なるのが現状です。
 したがって、この点を把握した上で、またこの腫瘍の専門家を何人か受診していろいろな意見をよく聞いた上で、患者さんの希望も含めて治療方針を決定することが理想的と考えます。 (河野道宏




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5036577

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト