MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療病名 > 歯科・口腔外科

再発性アフタ
【さいはつせいあふた】

Recurrent Aphtha

 舌、口唇、頬粘膜などの口腔粘膜にできるほぼ円形の浅い潰瘍(かいよう)をアフタといいます。なかには1cm以上の大物もありますが、たいていのものは直径5~6mm以内で、周囲が赤みを帯び、表面は灰白色や黄白色の膜を張ったような状態をしています。はじめは赤い点がぽつっとできる程度で、自覚症状はほとんどありません。2~3日後には少し大きくなり、歯ブラシや食べ物が触れると強く痛みます。アフタは何もしなくても1~2週間で治りますが、しばらくするとまた再発を繰り返す場合に再発性アフタといいます。




寺下医学事務所 (著:寺下 謙三)
「標準治療」
JLogosID : 5035524

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 併診  感冒様症状  漿液性  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 寺下医学事務所「標準治療」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト