MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 歯科・口腔外科

歯髄炎
【しずいえん】

Pulpitis

 むし歯がある程度進むと、自覚症状が出てきます。冷たいもの、熱いもの、甘いもの、酸っぱいものなどを口にした時にしみて痛みを覚えます。これは、歯科健診でC2(齲蝕〈うしょく〉2度)と判定されるレベルですから、たいていの人が経験しています。さらにむし歯が進みC3となると、むし歯の穴が大きくなり、そこに入り込んだ食べ物などによってずっと激しい痛みが誘発されます。また、C2の治療を受けた後でも、冷たいものなどで引き起こされる痛みがより激しく、しかも持続します。
 夜間に歯が痛くて目が覚めるということもあります。これは、歯の内部にある歯髄(しずい:俗にいう歯の神経)が炎症を起こしているからでてくる症状です。最近までは、この炎症は口腔内の細菌が歯髄に感染して炎症が起こるとされていましたが、最近の研究は細菌によって起こったものではなく、神経そのものが炎症を起こしたと考えられています。歯髄炎を起こしても、忙しいからという理由などで治療を受けずに鎮痛薬を服用し続けるうちに、ある時、痛まなくなって治ったようにみえることがあります。そして、さらに放置してしまいがちですが、歯髄が完全に壊死(えし)してもはや痛みを感じなくなったのです。そしてさらにやっかいな歯根膜炎に進行します。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035508

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト