MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 心療内科・精神科

過敏性腸症候群(IBS)
【かびんせいちょうしょうこうぐん(あいびーえす)】

IBS(Irritable Bowel Syndrome)

過敏性腸症候群(IBS)

 多くの消化器疾患に心理的要因が関与していることが知られていましたが、器質的異常(目に見えるような異常)がなくても、機能性の異常によって症状が出現する消化管機能異常症は、臨床上も頻度が高く、その診断基準・分類が統一され(1999年、RomeII基準)、機能性消化管障害(functional gastrointestinal disorders:FGIDs)という概念で診断がつけられるようになりました。さらに、2006年には科学的検証も加わり、RomaIII基準が公刊されました。その中でも下部消化管の機能異常である過敏性腸症候群(IBS)は、人口の10~20%に認められ、その約10%が患者として医療機関を受診するといわれる頻度の高い疾患です。本症は、とくに思春期に好発する慢性疾患であり、壮年期を過ぎて発症することはまれなようです。
 また日々のストレスで悪化しやすいことも知られています。脳腸相関といって、ストレスがかかると腸の運動だけでなく、脳波にも異常が出現したり(福土ほか、2002)、軽度ですが炎症も関与しているともいわれはじめており(サイトカインなどを通して)、こういったサイトカインが情動行動にも関与している(乾、2001)ようです。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035356

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト