MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 皮膚科

あざ(母斑)
【あざ(ぼはん)】

Nevus

 生まれつきのあざのことを母斑といいます。ただし、遺伝性はありません。皮膚はいろいろな組織から構成されていますが、それらの組織は胎児の時につくられます。その際、皮膚の一部において、ある組織のできかたがまわりと違っていると(組織の分化異常)、変わった性質をもったその組織は全体の統制からはずれて増えてしまうことが起こります。その組織が、例えば、メラニンをつくるメラノサイトであれば、黒あざ(色素細胞母斑)、茶あざ(扁平〈へんぺい〉母斑)、青あざ(蒙古斑〈もうこはん〉、太田母斑)、血管であれば赤あざ(ポートワイン母斑、いちご状血管腫)ということになります。
 一方、母斑を組織の分化異常という見方ではなく、細胞の増殖という観点からみれば良性腫瘍として考えることもできます。したがって、ほくろ(色素細胞母斑)は、メラノサイト系の母斑であるとともにメラノサイト系の良性腫瘍でもあります。同じようにポートワイン母斑は別名単純性血管腫ともいいますが、それは血管系の母斑であり良性腫瘍であるからです。また、母斑症という言葉がありますが、これは、母斑を1つの症状とする全身性の病気全体を指します。これらの病気の多くは遺伝性です。皮膚と神経を中心に症状のある遺伝性の病気を神経皮膚症候群と呼び、多くは母斑症と同じ意味になります。母斑症の中の代表的な病気が、レックリングハウゼン病(神経線維腫症I型)とプリングル病(結節性硬化症)です。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035319

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト