MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 皮膚科

白斑
【はくはん】

Vitiligo

 後天的に色が白くぬけてくる病気を尋常(じんじょう)性白斑(vitiligo vulgaris)といいます。俗称「しろなまず」ともいいます。単に白斑というと尋常性白斑を意味することが多いので、ここでは主に尋常性白斑について述べます。
 尋常性白斑とは別に、先天的に色が白く抜けている病気があります。その代表が全身性の白皮症、部分的な白皮症(まだら症)、および生まれつきの白いあざ(脱色素性母斑)です。全身性の白皮症はメラニンをつくる経路のどこかに生まれつき異常があるため全身の皮膚が白くなっている状態で、いくつかの病型があります。部分的な白皮症は、メラニン産生細胞であるメラノサイトの運動をつかさどる遺伝子に異常があるために生じます。胎生期に、メラノサイトのもとになる細胞は神経系のもとになるところからでてきて皮膚に移動していきますが、運動する力が足りないため、おでこや臍(へそ)のように出発点から遠いところにメラノサイトが住み込めずに完全に白く抜けてしまいます。脱色素性母斑は、その部分にメラノサイトはあるものの、つくるメラニンがまわりのものとは少し異なるために不完全に白く抜けてみえます。
 尋常性白斑には、神経の支配領域と関係して生じるタイプと汎発性(はんぱつせい)に生じるタイプがあります。前者は神経との関係、後者は免疫異常との関係が考えられています。免疫異常とは、自分のメラノサイトを攻撃する免疫反応、すなわち自己免疫のメカニズムという意味です。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035314

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト