MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 呼吸器

び漫性汎細気管支炎
【びまんせいはんさいきかんしえん】

Diffuse Panbronchiolitis:DPB

 気管と肺を構成する、肺細胞と呼ばれる組織の中間領域にあたる部位を細気管支といいます。呼吸によって流入してきた空気の流速は、この領域では極めてゆっくりになり、刺激物質や細菌の沈着が起こりやすくなります。また、気管にみられる線毛上皮による気道清浄機構が働かない場所であり、異物の沈着による障害が発生する部位と考えられます。
 この疾患の発症は30代から40代に多く、性差はやや男性に多くみられます。慢性副鼻腔炎の持病がある人に目立ちます。喫煙は発症には関係ないと思われます。刺激性ガスの吸入などの職業歴との関連も明らかにはなっていません。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035090

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト