MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典さ行 > しん

新劇
【しんげき】

明治末年、ヨーロッパ演劇の影響を強く受けて興った演劇。小山内薫(おさないかおる)と市川左団次(いちかわさだんじ)が、歌舞伎(かぶき)・新派などの既成演劇でない劇を作ろうとして、明治四十二年(一九〇九)自由劇場を創立した。旗上げ公演はイプセン「ジョン・ガブリエル・ボルクマン」。以後日本に根づき、大正十三年(一九二四)創立の築地小劇場(つきじしようげきじよう)で、小山内薫・土方与志(ひじかたよし)・友田恭助(ともだきようすけ)らが反商業主義と純芸術主義の旗の下、翻訳劇・創作劇を多く取り上げた。戦後は、民芸(みんげい)・文学座・俳優座・ぶどうの会などの劇団が活動している。




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705124490


【辞典内Top3】 驕り・傲り・奢り  収まる・納まる・修まる・治まる  差し替える・差し換える  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト