MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典か行 > ぐん

軍記物語
【ぐんきものがたり】

平安末期から室町時代にかけて、合戦を中心に、史実を追った叙事文学。実録的であって物語的であること、個人よりも集団、勝者よりも敗者に眼を注いでいることなどに特色がある。「将門記(しようもんき)」「保元(ほうげん)物語」「平治(へいじ)物語」「平家(へいけ)物語」「太平記(たいへいき)」など。ほかにやや性格は違うが「義経記(ぎけいき)」「曽我(そが)物語」なども含めることがある。




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 705000340


【辞典内Top3】 終わり初物  驕り・傲り・奢り  収まる・納まる・修まる・治まる  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト