MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典か行 > かみ


【かみ】

【1】物事の初めや始まりのほう。【ア】川の流れの源に近いほう。「川の―」「―から流れてくる」{対}下(しも)【イ】いくつかに分けられたうちの初めのほう。「―半期」「―三けた」「―の句(=和歌の前半三句)」{対}下(しも) 【ウ】以前。昔。いにしえ。「その―(=その昔)」【2】続いているものにおけるうえのほう。{対}下(しも) 【ア】体におけるうえのほう。「―半身」【イ】身分・地位がうえのもの。君主・天皇・主人。「―御一人(ごいちにん)(=天皇)」【ウ】支配者階級。政府。役所。朝廷。「お―の命令」【3】中心・中央の位置。{対}下(しも) 【ア】皇居・都に近い所。また、京都。「―方(がた)(=関西地方)」【イ】上座(かみざ)。上席(じようせき)。「―にすわる」【ウ】(台所に対して)奥向き。「―勤め」「―女中」【4】他人の妻や女主人に対する敬称。「お―さん」「お―」【用法】現在では敬意が薄れている。他人の妻に対しては「奥様」「奥さん」のほうが一般的で敬意も高い。【5】舞台で、客席から見て右のほう。上手(かみて)。{対}下(しも)




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 704945810


【辞典内Top3】 終わり初物  驕り・傲り・奢り  収まる・納まる・修まる・治まる  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト