MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ベネッセ国語辞典あ行 > おり

折句
【おりく】

和歌・雑俳(=元禄(げんろく)以後に流行した無季の俳諧(はいかい))の言語遊戯の一つ。和歌で、各句頭に一字ずつ物の名などを詠み入れたもの。「ヲぐら山ミね立ちならしナく鹿のヘにけむ秋をシる人ぞなき」では「をみなへし」五文字が折りこまれている。雑俳で、各句頭に一字ずつ物の名三文字または同音三文字を詠み入れたもの。「ネ所(寝所)でネずみがちわ(痴話)もネこの留守」では、ネ音三文字が折りこまれている。




ベネッセコーポレーション (著:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄)
「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」
JLogosID : 704918280


【辞典内Top3】 驕り・傲り・奢り  見回り・見廻り  利敵行為  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 

関連書籍

 ベネッセコーポレーション「ベネッセ国語辞典 電子特別編集版」

出版社:ベネッセ[link]
編集:樺島忠夫/植垣節也/曽田文雄/佐竹秀雄
価格:2,571
収録数:60000語
サイズ:--(B6変型)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト