MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時節柄セレクション今日は何の日 > 5月

温度計の日[5/14]

華氏のもととなったファーレンハイト氏の誕生日

1686(貞享3)年のこの日、華氏温度目盛り(°F)を定めたドイツの物理学者ファーレンハイトが誕生しました。華氏温度は、塩化アンモニウムを寒剤として得られる、当時人間が作り出せた最低温度を0度、人間の平均体温を96度とし、その間を等分して得られます。この温度目盛りによると、水が凍る温度は32度、沸騰する温度は212度となります。ファーレンハイトが1724年に発表し、現在では主にアメリカ・カナダ・イギリスで用いられています。中国では、ファーレンハイトに華倫海の字を当てたことから、「華氏」と呼ばれるようになりました。なお華氏温度(°F)を摂氏温度(℃)に換算する公式は、C=5(F-32)÷9です。




jlogosdotcom (著:)
「時節柄セレクション」
JLogosID : 8553026


【辞典内Top3】 温度計の日[5/14]  国民皆泳の日[8/14]  旅の日[5/16]  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 jlogosdotcom「時節柄セレクション」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト