MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

CuratedMedia政治・経済 > 法律

個別的自衛権と集団的自衛権の違い

※実名まとめサイトCuratedMediaで詳しく解説しています。

日本国憲法第9条の解釈を巡り、日本は自衛権を持たないとの解釈も可能だが、日本政府は「自衛権まで放棄したわけではない」との立場である


■日本国憲法第9条

第1項:日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

第2項:前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


次に問題となるのが、自衛権をいかに行使するかだ。国連憲章で「個別的自衛権」・「集団的自衛権」の2種類の自衛権が認められているが、特に「集団的自衛権」については、改憲を政府・マスコミ等で見据えた議論が重ねられている。

ここではその議論の入口となる「個別的自衛権・集団的自衛権の違い」についてまとめてみた。(mzz)

◆憲法と自衛権
◆自衛権に対する政府見解
◆自衛権の根拠
◆個別的・集団的自衛権の違い
◆自衛権発動の三要件
◆自衛権に対する政府見解

→ 個別的自衛権と集団的自衛権の違い」がざっとわかる関連サイトまとめ6選

【執筆・編集】メディア編集部




Ea,Inc. (著:)
「CuratedMedia」
JLogosID : 8541704


【辞典内Top3】 ライズアップ! Rise UP!  東京駅グランルーフ  “ルイスの転換点”と中国経済  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト