MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos社会 > 行政・仕組み

国内排出量取引制度
【こくないはいしゅつりょうとりひきせいど】

地球温暖化対策における国内施策手法の一つ。地球温暖化の原因の一つとされる炭素に価格を付けることで、費用対効果の高い対策技術の導入をはじめとする行動を取ろうとするインセンティブが働くように制度化し、社会全体として小さな費用で確実に炭素の排出削減ができるように促す。EUでは2005年から実施している。日本においては、知見や経験を蓄積する目的で、2005年から自主参加型国内排出量取引制度を実施している。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 7775953


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト