MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos時事用語アーカイブ >

アウン・サン・スー・チー
【あうん・さん・すー・ちー】

ミャンマー(旧ビルマ)における民主化運動の象徴的存在。政治家。ビルマ独立運動の父と呼ばれるアウン・サン将軍の長女。母キン・チーは外交官であったためインド大使就任に伴い15才の時にインドに移住。デリーで教育を受けた後、イギリスのオックスフォード大学に進学。1972年英国人仏教学者マイケル・エリアスと結婚(99年に死去)。母の看病でビルマに帰国していた1988年、民主化運動に参加し、政治活動を開始。その活動のために軍事政権によって計3回の軟禁、拘束を受けることになる。91年10月には民主主義と人権回復のための非暴力の活動が評価され、ノーベル平和賞を受賞。最後の自宅軟禁は2010年11月に解除された。1945年6月19日生まれ。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12665639


【辞典内Top3】 蛟竜雲雨を得ば池中の物にあらず  弔祭料  キーデバイス  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト