MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos流行・ブーム > 一般語

自撮り棒
【じどりぼう】

自撮り棒

自分撮りをするための器具。カメラ、カメラ付き携帯電話、カメラを内蔵したスマートフォンを取り付けられる長さ1mほどのもの。1980年代の初めに、日本で発明され、世界でも発売されたが、当時は普及しなかった。昨今ではアメリカの雑誌「TIME」で"2014年の発明ベスト25"に選ばれるほど普及している。「自分撮りスティック」「自撮り一脚」「手持ち一脚」「セルカ棒」などと呼ばれることもある。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12665586


【辞典内Top3】 蛟竜雲雨を得ば池中の物にあらず  美点凝視  弔祭料  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト