MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos時事用語アーカイブ >

カンヌ国際映画祭
【かんぬこくさいえいがさい】

カンヌ国際映画祭

1946年の開催以来、毎年5月(1948年、1950年は中止)にフランス南部の都市、カンヌで開かれている映画祭の名称。「映画の発展に貢献するために作品を紹介し、援助すること、世界中の映画産業発展の援助をすること、第7芸術を国際的に称揚すること」を目的として開催されている。
最高賞はジャン・コクトーデザイントロフィーの形にちなみ「パルム・ドール」という名称である
過去、日本映画では「影武者」(1980)、「楢山節考」(1983)、「うなぎ」(1997)などがパルム・ドールを受賞している。
第66回カンヌ映画際は2013年5月15日~26日まで開催され、日本からは「そして父になる」「藁の盾」の二作品がコンペティション部門にノミネートされており、「そして父になる」がパルムドールや、グランプリと呼ばれる審査員特別賞に次ぐ主要な賞の1つである「審査員賞」に選ばれた。
審査員賞の受賞は「親鸞・白い道」(1987)以来、26年ぶりとなる。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12664965


【辞典内Top3】 弔祭料  ガラ・パーティー  美点凝視  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト