MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos時事用語アーカイブ >

自民党総裁選(2012年)
【じみんとうそうさいせん】

自民党総裁選(2012年)

(概要)
自由民主党のトップである総裁を決める党内選挙。党所属の国会議員20人の推薦を集めた国会議員立候補できる。候補者は、199人(12年9月23日現在)の党所属国会議員による「議員投票」と「党員投票」300票を合わせた有効票のうち過半数を得れば当選する。該当者がいない場合は上位2人による決選投票国会議員のみで行う。総裁の任期は3年で、2期連続で6年勤めた総裁は立候補できない。2012年9月26日投開票の総裁選には、安倍晋三元首相(衆院山口4区)、石破茂前政調会長(衆院鳥取1区)、町村信孝元官房長官(衆院北海道5区)、石原伸晃幹事長(衆院東京8区)、林芳正政調会長代理(参院山口選挙区)が立候補。安倍、石破両氏が40年ぶりの決選投票に進み、1回目で2位の安倍氏が逆転で第25代総裁に選出された。

(解説)
民主党政権の支持が大きく落ち込み、次期総選挙では自民党の政権奪還が予想されている。「新総裁は首相に就任する公算が大きい」(12年9月16日付・読売新聞社説)こともあり、世間の注目度は高い。終盤情勢を探った報道各社の情報では、安全保障の論客でもある石破氏が領土問題を追い風に党員票の支持を集めて先行。安倍、石原両氏が2位を争う展開になった。町村氏は出馬後に体調悪化で入院、一時は撤退も取り沙汰された。22日に選挙戦続行を表明したが情勢は厳しく、林氏も支持がさほど広がらなかった。候補者多数なこともあり、予想通りに1回目の投票で過半数を得る候補者はなかった。石破氏は1回目で最多得票を獲得したが、議員票では優勢でなかったため、決選投票は安倍氏に89票対108票で敗れた。

 政策面については、5人とも際立った違いはない。税と社会保障の一体改革を巡る民自公の3党合意については順守を明言。TPP(環太平洋経済連携協定)については「国益に反する形での交渉参加に反対」(町村氏)、「関税自主権の完全放棄は反対」(石原氏)など、いずれも慎重な姿勢だ。支持団体への配慮もうかがわれるため、「多くの候補の主張はあいまいだ。党内のまだら模様に配慮し舌戦を手控えるようでは責任野党といえない」(12年09月15日付毎日新聞社説)といった批判がつきまとった。

安倍氏が総裁になったことで自民党が目指す政権の枠組みや権力構造がどのようになるのか焦点が集まる。安倍氏は党内では、石破氏と同様、旧来型の「派閥・長老政治」とは一線を画している。また、新党「日本維新の会」を率いる橋下徹大阪市長との距離が5人の候補者で最も近い。次期総選挙は維新と争う見通しではあるものの、政権奪還に成功し、維新も国政で勢力を伸ばした場合には連携する可能性もある。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12664642


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト