MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

己を磨く名言名詩(村田珠光)
【おのれをみがくめいげんめいし(むらたじゅこう)】

「心の師とはなれ、心を師とせざれ」。


▲室町時代の茶人=村田珠光(1423-1502)が一番弟子であった古市澄胤(ふるいちちょういん)に送った「心の文」の一節。心が弱いと自分の考えに対する執着が強くなり過ぎ、他者に対する謙虚さを忘れてしまう。そのような心はより正しい方向へ導くべきであり(心の師とはなれ)、そのような心の命じるままに生きてはならない(心を師とせざれ)、というのがこの言の主旨である




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660699


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト