MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

濫觴
【らんしょう】

[意味]
物事の起源のこと。「揚子江のような大河も、その源は觴(さかずき)を濫(うか)べるほどの細流にすぎない」という孔子の言葉にちなんだ言葉。「らんしょう」と読む。

[用法]
「日本の推理小説の濫觴ともいうべき江戸川乱歩の作品は、現在もなお多くの推理ファンを引きつけてやまない」。「いまや東京の新名所となった六本木ヒルズの濫觴は、日本のどこにでもあるようなごく普通の下町であった」。

[蛇足]
難読語だが、今でも学術論文などでお目にかかる。コミュニティによっては通じない人の方が多いこともありうる言葉なので、濫用は控えたい。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660688


【辞典内Top3】 弔祭料  ガラ・パーティー  美点凝視  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト