MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

京都議定書
【きょうとぎていしょ】

気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書

[正式名称:気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書]。国家間で結ばれた条約を修正・補完する合意文書を「議定書」という。京都議定書は気候変動枠組条約に基づき1997年に京都で開催された第3回気候変動枠組条約締約国会議(COP3)で議決、2005年2月に発効した議定書だ。

これにより日本は、2008~12年の間に二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスを1990年排出量の6%分削減することが求められることになった。2003年の時点で90年の排出量を8%上回っていることから、実際には14%削減しなければならないことになる。(ちなみに排出量は資源消費量などを元に机上で算定する)。

紆余曲折を経て何とか発効にこぎつけた京都議定書だが、排出量第1・2・4位のアメリカ・中国・インドが参加しておらず、発展途上国に数値目標を課していないことなどから、その実効性を危ぶむ声も聞かれる。地球環境への国際的取り組みはまだ始まったばかりだ。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660028


【辞典内Top3】 弔祭料  打除け  ガラ・パーティー  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト