MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

「パナマ」の魅力観光(大自然) >

ハーピーイーグル

学名:ハルピア・ハルピア。ハーピーイーグルは、パナマの国鳥であり、自然保護のシンボルとも考えられています。この鳥は、非常に力の強い鳥で、木の上で生活する動物(ナマケモノ、イグアナなど)を餌としています。巣作りが終わるとハーピーイーグルのメスは通常卵を2つ産み、55日間温めます。通常ヒナは1匹しか生き残ることができません。また、その非常に豊富で美しい羽、1メートルの体長、広げると2メートルにもなる翼でよく知られていますが、ハーピーイーグルは、森林伐採と狩猟により、危機に瀕しており、パナマの法律によって保護、観察されています。パナマは、この素晴らしい鳥の保護、救出のパイオニアとなっています。




JLogos編集部
Ea (著:JLogos編集部)
「「パナマ」の魅力」
JLogosID : 8613209

【お隣キーワード】バロ・コロラド  ホエールウォッチング  ソベラニア国立公園  スミソニアン研究所  
【辞典内Top3】 バロ・コロラド  ロパビエハ  グァンドゥライス  


関連書籍

 Ea「「パナマ」の魅力」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト