MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

教科書クイズ国語 > 中3

Q:「山ふかみ 春ともしらぬ 松の戸に たえだえかかる 雪の玉水」。この和歌に使われている表現技法は、何ですか。

【4択】体言止め/枕詞/掛詞/序詞

【問題】
中3国語

【正解】
体言止め

【解説】
体言止めは、終わりを体言(名詞)で止めて、余韻を作り出す表現技法です。枕詞はある語句を導くための言葉を直前に置くもの、掛詞はひとつの語に同じ音で二つの意味を重ねるもの、序詞はある語句を導くための言葉で、枕詞より長く、その歌一回限りしか使われない場合が多いものです。




東京書籍 (著:教科書)
「教科書クイズ」
JLogosID : 8610148

【お隣キーワード】Q:「想像力が欠ジョしている。」のカタカナを漢字に直すとき、正しいものはどれですか。  Q:「丁寧語」は、どれですか。  Q:「ごショモウの品をお送りする。」のカタカナを漢字に直すとき、正しいものはどれですか。  Q:「所望」の類義語は、何ですか。  
【辞典内Top3】 Q:アメリカの国土の面積は日本のおよそ何倍ですか。  Q:卵子と精子が結びつくことを何といいますか。  Q:「思案がつかぬ」の意味は、何ですか。  

この辞典の個別アプリ

教科書クイズ
「学校で習ったこと」どこまで覚えていますか?教科書クイズは、教科書に掲載されている内容を、クイズで楽しむアプリケーションです。小学校、中学校の教科書に掲載されている内容で作られたクイズなので、大人も子どもも、誰もが楽しめます。JLogosではその中から問題をQA形式で掲載しています。

東京書籍・教科書クイズ

【小6理科】
Q:自動車は、石油からつくる(  )などを燃やし、そのエネルギーで走ります。(  )に入ることばは、次のどれでしょう。



→次の問題へ

関連書籍

 東京書籍「教科書クイズ」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト