MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本全国おまつり事典茨城県 > 12月

古河提灯竿もみまつり

茨城県古河市【12/5】

江戸時代、古河藩領だった野木明神が、12月4日の未明に帰社する際の寒さをしのぐために身体をもみ合ったのが始まりで、その名も「おかえり」でした。20m近い竹竿の先につけた提灯の灯を消そうと激しくもみ合う勇壮なまつりは、関東の奇祭ともいわれています。太鼓の競演もあります。




JLogos (著:)
「日本全国おまつり事典」
JLogosID : 8579105

【お隣キーワード】諸手船神事  大野鶴岡八幡神社やんさ祭り  歳末たすけあい石見神楽共演大会  鉄砲まつり  
【辞典内Top3】 波切神社わらじ祭  首里城公園 新春の宴  山あげ祭  


JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト