MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本全国おまつり事典長崎県 > 10月

長崎くんち

長崎県長崎市【10/7〜9】

長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭で、毎年10月7日から3日間、長崎の町を挙げて催されます。寛永11年(1634年)に、丸山町、寄合町の二人の遊女が、諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。長崎ではこの年に「出島」埋築が着工され、「眼鏡橋」が架けられています。以来、長崎奉行の援助もあって年々盛んになり、さらに奉納踊には異国趣味のものが多く取り入れられ、江戸時代より豪華絢爛な祭礼として評判のものであったそうです。この奉納踊は、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。くんちの語源は、旧暦の9月9日を重陽の良き日として祝う中国の風習が伝わり、9日(くんち)をくんちと読み、祭礼日の意味としたとする説が一般的なようです。




JLogos (著:)
「日本全国おまつり事典」
JLogosID : 8579036

【お隣キーワード】二本松のちょうちん祭り  ぎふ信長まつり  金刀比羅宮例大祭  秋の高山祭  
【辞典内Top3】 波切神社わらじ祭  首里城公園 新春の宴  山あげ祭  


JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト