MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本全国おまつり事典埼玉県 > 7月

川越百万灯夏まつり

埼玉県川越市【7/25・26】

川越百万灯夏まつり(百万灯ちょうちんまつり) の起源は、江戸時代末の嘉永3年(1850)に、当時の川越城主であった松平大和守斉典(まつだいら やまとのかみ なりつね)の徳をしのび、家臣の娘・魚子(ななこ)が家の軒先に切子灯ろうを掲げ冥福を祈ったことに始まります。現在の川越百万灯夏まつりは、かつての灯ろうの代わりに提灯(ちょうちん)が飾りつけられ、各種団体によるお囃子(はやし)や踊り、火縄銃鉄砲隊の演舞、時代行列などの催しが行なわれます。




JLogos (著:)
「日本全国おまつり事典」
JLogosID : 8578938


【辞典内Top3】 風鎮祭  鳥越神社水上祭形代流し  伊雑宮御田植祭  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト