MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本全国おまつり事典石川県 > 2月

竹割まつり

石川県加賀市大聖寺【2/10】

菅生石部神社で毎年2月10日に行われる勇壮な神事です。伝承によると、この地に大蛇が住んでいて、これを退治するために神事が生まれたといわれています。祭が近づくと大蛇になぞらえた大縄をつくり、青竹が約200本用意されます。神事は白装束の青年たちが、青竹を手に境内になだれこみ、石段や石畳にたたきつけ、青竹を割りつくします。青竹がほとんど割られたころに、青年たちは大蛇を拝殿から引き出し、橋の上から大聖寺川へと投げ込んで、神事はすべて終わります。割られた青竹は、見物人が自由に持ち帰り、これで凧を作れば凧はよく上がり、箸にすれば歯の痛みも止まると伝えられています。




JLogos (著:)
「日本全国おまつり事典」
JLogosID : 8578770

【お隣キーワード】祐徳稲荷神社初午祭  わんこそば全日本大会  刈和野の大綱引き  宇奈月温泉雪のカーニバル  
【辞典内Top3】 波切神社わらじ祭  首里城公園 新春の宴  山あげ祭  


JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト