MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集2章「ジーコ時代に得たもの…」 >

ヘイゼルの悲劇
【へいぜるのひげき】

1985年5月29日、ベルギーの首都ブリュッセルのヘイゼル・スタジアムで行われたヨーロッパ・チャンピオンズカップ(現在のUEFAチャンピオンズリーグ)決勝戦、ユベントス(イタリア)対リバプール(イングランド)の試合前に起こった事件。リバプールのサポーターが集団でユベントスのファンに襲いかかり、逃げようとした観客がスタンドとピッチを隔てる高さ1メートルほどの壁に押しつけられて39人もの圧死者と350人を超すけが人を出した。70年代なかばから吹き荒れていたイングランドの「フーリガン(ならず者のサポーター)問題」の象徴的な事件で、この後5年間、イングランドのクラブはヨーロッパの大会から締め出された。この事件を審議したブリュッセルの裁判所は24人のフーリガンに懲役3年の判決を下した。事件後、ヘイゼル・スタジアムは建て直され、95年に「ボールドウィン王スタジアム」として再オープンした。




あすとろ出版 (著:)
「ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集」
JLogosID : 8548031


【辞典内Top3】 はじめに  トータルフットボール  大住良之  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト