MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

南極と北極
【東京雑学研究会編】

§南極と北極ではどちらの方が寒いのか?

とにかく寒さに弱くて、寒いのは絶対に嫌という人が、「北極か南極、どちらかに行け」と言われたら、これは究極の選択だ。さぞかし困り果ててしまうに違いない。
でも、少しでも暖かくと思うなら、迷うことなく北極を選んだほうがいい。絶対的に北極の方が南極に比べれば暖かいからである
北極と南極は、ともに赤道から同じ距離にあり、太陽から離れている距離も全く同じ。ともに太陽の熱をほとんど受けることはない。ということは、単純に考えれば、気温は同じであるはずだ。
しかし両者を比べてみると、その気温は以外なほどに違う。北極の冬の平均気温はマイナス四〇度で、南極はマイナス六〇度。北極は夏はプラスになることもあるが、南極の場合、最も寒いロシアボストーク基地では、いちばん暖かい一月でもマイナス三〇度以下という寒さなのだ。
この違いは、南極が陸地なのに対し、北極が海だからである。陸地は海に比べて数倍も冷えやすく、しかも南極はそのほとんどが数千メートルもある厚い氷で覆われているので、その上空に冷たい高気圧の空気のかたまりができるから、ますます冷える
それに対し、北極は海水が寒さを和らげてくれる上、南の方から暖流が流れてくるので、さほど冷え込まない。海水の氷結点はマイナス一・九度なので、海水の温度はそれ以下にはならないである
どちらにせよ寒いことには変わりがないが、両者が寒さ比べをすれば、確実に南極の勝ち! 世界でいちばん寒い場所に行きたいと思うなら、迷わずに南極を目指そう!




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670719

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト