MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

イヌ②
【東京雑学研究会編】

§イヌは色盲なのに、盲導犬が信号を見分けられるのはなぜか?

目の不自由な人の、大切なパートナーとして活躍するのが盲導犬である
ところで、イヌやネコ、ウシなど多くの哺乳類は、人間のように色を見分けることはできないはずである。危険な交差点で横断歩道を渡るとき、盲導犬はどうやって信号を見分けているのだろうか? 目の不自由な人のため、音で信号の色を知らせる交差点もあるが、まだまだ普及しているとは言い難い現状である
信号のところにやってきた盲導犬は、ほかの歩行者の様子を見ている。ほかに歩行者がいれば、盲導犬はそれらの人をよく見て、判断をする。赤信号で止まっている人がいれば、盲導犬も止まって待ち、青信号で渡っているなら、盲導犬も進むわけである
では、ほかに人がいない場合は、どうするのだろう
そういった場合、盲導犬じっと耳をすませて、車が走っていないかどうかちゃんと止まっているかどうかを判断する。このとき、目の不自由な人も耳をすませ、両者の判断が一致して安全だという確認ができたときにのみ、歩きだす。
目の不自由な人が安全だと思って、盲導犬に「行こう」と合図をしても、盲導犬のほうで「危ない、まだだ」と判断すれば、動かない。これは、飼い主である人の指示に逆らうことになるのだが、盲導犬受ける訓練は、あくまで安全が第一。こういった「不服従」も、場合によってはありえるのだ。
また、盲導犬は、信号の色をそれぞれの位置で覚え、光っているかどうかを判断しているという説もある。
盲導犬は、長く厳密な訓練を経て活動するものだが、目の不自由な人と心が通い合っていなくては、役割を果たせない。そのため、目の不自由な人が盲導犬を飼い始める際は、訓練所に泊まり込んでともに生活をし、一緒にやっていけることを確認してから、街に出るのだという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670056

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト