MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

オーロラ辞典豆知識 > オーロラが見られる

土星
【どせい】

土星のオーロラはたびたび撮影もされている

太陽系の中で2番目に大きな惑星
水素を主成分とする大気があり、アンモニアの氷の粒でできた雲が存在している。
太陽からの平均距離:14億2,939万km
大きさ(赤道半径):60,268km
質量(地球に対して):95.16倍
平均密度:0.69g/cm?
公転周期:29.4578年
自転周期:0.444日
衛星の数:2009年1月現在63(軌道が確定したものは52)




(著:堀田東)
「オーロラ辞典」
JLogosID : 8538329

この辞典の個別アプリ

オーロラ写真集
オーロラ写真家「堀田東」氏により直接撮影されたオーロラ写真(Retina対応)50枚・動画を収録。

【辞典内Top3】 Kp指数  アンデルス・オングストローム  人工衛星  
【関連コンテンツ】

関連辞書

動画データベース理科分野 

関連書籍

 「オーロラ辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト