MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

オーロラ辞典しくみ > オーロラの色

発光高度
【はっこうこうど】

オーロラが発生する高度100キロ以上

オーロラが発生する高度は100km~500km。この層には主に酸素と窒素が含まれており、高度によってその密度が異なる。高度500kmぐらいの高い高度では、酸素原子の密度が高く赤色が発光しやすい。中間高度では酸素と窒素が発光した赤と青と緑が混じり、緑白色。高度100km付近では大気中の分子の密度が高すぎて酸素が発光できず、窒素が発光する青と赤が混じったピンク色や紫色となる。




(著:堀田東)
「オーロラ辞典」
JLogosID : 8538320

この辞典の個別アプリ

オーロラ写真集
オーロラ写真家「堀田東」氏により直接撮影されたオーロラ写真(Retina対応)50枚・動画を収録。

【辞典内Top3】 Kp指数  アンデルス・オングストローム  人工衛星  
【関連コンテンツ】

関連辞書

動画データベース理科分野 

関連書籍

 「オーロラ辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト