MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

動画データベース気象天文 > 月・星・太陽

銀河と散光星雲

銀河 アンドロメダ座 M31 恒星の大集団 230万光年 銀河系 散光星雲 バラ星雲

銀河はアンドロメダ座に見られるM31で,銀河系から230万光年離れたところにある2000億個の恒星(天球上で相互の位置をほとんど変えず,星座を形づくる天体。太陽と同じく自ら発光する。晴夜に一地点から一時に肉眼で見える恒星数は約2500,全天球の肉眼で見える星の数は約6000ある。)の大集団である。周囲に見られる恒星は銀河系内の恒星である。星雲(雲のように見える天体。銀河系内のガスや宇宙塵が光って見えるものを星雲といい,散光星雲,暗黒星雲,惑星状星雲に分ける。肉眼で識別できるものもある。銀河系外に存在する星雲は銀河と呼ぶ。)はバラ星雲と呼ばれる散光星雲(銀河系内星雲の一種。輪郭のはっきりしない不規則な形状の星雲で,みずからは光を発せず,ガスと微固体の煙のような星間物質が,恒星の光で輝いているもの。時には周囲と対照したことによって暗黒に見えることもある。オリオン星雲が代表例。天球上で天の川付近に多い。)で,真空に近い星間物質(恒星と恒星との間の空間に存在する星間ガスと固体微粒子の相称。中性の水素ガスを主とする星間ガスが大部分を占め,他はわずかに宇宙塵と呼ばれる固体微粒子が混入している。)が恒星の光を受けて光っているもの。




東京書籍 (著:)
「動画データベース理科分野」
JLogosID : 7501761

【お隣キーワード】散開星団  北斗七星  さそり座の星  一番星  
【辞典内Top3】 こんにゃくを使った地震発生のモデル  断層のでき方【正断層、逆断層】  不整合のでき方  


関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 

関連書籍

 東京書籍「動画データベース理科分野」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト