MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都市部 > 国立市

顔面把手付土器
【がんめんとってつきどき】

"東京都国立市にある遺物。谷保6231。縄文時代中期(5,000~4,000年前)に特徴的に見られる土器で、口縁部に人面を施した把手が付いている。儀式やお祭りに用いられたものと考えられている。1959年考古学者・甲野勇を中心に行われた南養寺遺跡の発掘調査において発見された。国立市の指定文化財。"




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5704103


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト