MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 文京区

新渡戸稲造旧居跡
【にとべいなぞうきゅうきょあと】

文京区小日向2-1-30

東京都文京区にある史跡。文京区小日向2-1-30。農政学者・教育者であり、国際連盟事務局次長として活躍した新渡戸稲造(1862-1933年)の旧居跡。1904年から没するまで、この地に住んだ。盛岡・南部藩士の子として生まれ内村鑑三らとともに札幌農学校で学んだ。その後は東京帝国大学で学び、アメリカ・ドイツに留学した。帰国後は自由主義的人格主義の教育者となる。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5703176


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト