MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 練馬区

八幡神社の石造大山不動明王像
【はちまんじんじゃのせきぞうおおやまふどうみょうおうぞう】

東京都練馬区にある文化財練馬区高松1-16八幡神社内。高さ213cmの石造。角柱形の塔の上に不動明王像が座っている。像の高さは47cm。高肉彫りで、両眼を開き、左手に羂索・右手に宝剣を持ち、火焔光背を背にしている。塔の正面には「石坂供養大山大聖不動明王」と刻まれている。高松・貫井地域の人たちが、雨乞いの霊場とされる大山を信仰して1803年に造立したもの。練馬区登録文化財(有形民俗文化財)。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5702960


【辞典内Top3】 コンクリート方塊  増上寺景光殿(旧広書院)表門  葛西のおしゃらく  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト