MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 豊島区

木造釈迦如来坐像(平安時代前期)
【もくぞうしゃかにょらいざぞう】

豊島区駒込7-4-14

東京都豊島区にある工芸品。豊島区駒込7-4-14。所有者(管理者)は勝林寺。勝林寺は、1616年に徳川幕府の御殿医・中川元享が湯島に創建し、老中・田沼意次が中興再建した臨済宗の寺院。本像は高さ50.5cmの一木造りで、眼は彫眼、肉身は漆箔、着衣は漆塗り。面相には威厳を備え、衣は彫りが深く装飾的であることから、制作年代は9世紀末と推定される非公開豊島区指定文化財(工芸品-仏像彫刻)。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5702584


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト