MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 杉並区

紙本著色四季耕作図屏風 1双
【しほんちゃくしょくしきこうさくびょうぶ】

杉並区梅里1-1-1

東京都杉並区にある文化財杉並区梅里1-1-1。所有者(管理者)は真盛寺。筆者は住吉廣守(1705-1777年)。高さ159.3㎝。六曲屏風一双を用いた横長の画面に、農家の稲作作業の様子が描かれた四季耕作図の一種。右隻(幅355.8㎝)右端の春の魚取りから始まり、左隻(幅375.8㎝)の俵詰めに至るまで、稲作に関する20近い場面が描かれている。背景には四季を表す遠山が添えられ、収穫祭などの風物も描き加えられている。杉並区指定有形文化財(絵画)。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5701891


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト