MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 新宿区

学習院旧正門
【がくしゅういんきゅうせいもん】

東京都新宿区にある建造物新宿区戸山町3‐20‐1。1877年(明治10年)当時、神田錦町にあった華族学校(現・学習院)の正門として建てられる。1886年の火災で校舎が焼失した後、鐘ヶ淵紡績株式会社の手に渡り、1928年に目白の学習院本院に戻り、1949年に現在地へ移された。鋳鉄製の門柱で、左右に脇門と袖塀がある。本柱と本柱の間は5.54m、本柱と脇柱の間は1.7m。国の重要文化財に指定されている。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5701796


【辞典内Top3】 コンクリート方塊  増上寺景光殿(旧広書院)表門  葛西のおしゃらく  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト