MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 北区

平井保昌の杉跡
【ひらいやすまさのすぎあと】

北区東十条1-7-11

東京都北区にある史跡。北区東十条1-7-11。平井保昌(958-1036年)は源頼光に従った武者。保昌が東国を見廻っていたときにこの辺りで昼食をとり、使った杉箸を「源氏が栄えるなら大木になれ」と地に挿したのが巨木になったと伝えられる杉の木があり、「平井保昌の杉」と呼ばれていた。この杉は1910年嵐で倒れたが、1929年その杉があった所に「平井保昌之遺蹟」と題した石碑が建てられた。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5700932


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト