MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 北区

稲付の餅搗唄
【いねつけのもちつきうた】

東京都北区に伝わる文化財。赤羽西2-14-20道観山正一位稲荷神社内。毎年2月初午の日の餅搗きの際に唄われるもの。餅を練る時に唄う「稲付千本杵餅練唄」と、餅を搗く時に唄う「稲付千本杵餅搗唄」がある。3人ないし4人が臼を囲んで唄に合わせ、時計周りに周りながら小ぶりな杵を交互に振り下ろして餅を搗く。北区指定無形民俗文化財(民俗芸能)。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5700884


【辞典内Top3】 コンクリート方塊  増上寺景光殿(旧広書院)表門  葛西のおしゃらく  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト