MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 北区

木造阿弥陀如来坐像
【もくぞうあみだにょらいざぞう】

東京都北区にある文化財。北区志茂4-30-4西蓮寺内。高さ53.5cm、光背・台座を含めると総高約1.3m。檜材の寄木造。像全体は漆箔仕上げで、頭部は群青彩に塗られ、頭部にある肉髻珠や額にある白毫および玉眼は水晶製のものが嵌め込まれている。右足を上にした結跏趺坐座り方で、両手は衆生を浄土へ迎え入れるための来迎印を結んでいる。鎌倉時代初期に製作されたものと考えられる。北区指定有形文化財(歴史資料)。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5700875


【辞典内Top3】 コンクリート方塊  増上寺景光殿(旧広書院)表門  葛西のおしゃらく  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト