MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 北区

木造太田道灌坐像 附 厨子一基
【もくぞうおおたどうかんざぞう つき ずしいっき】

東京都北区にある文化財。北区赤羽西1-21-17静勝寺内。太田道灌が剃髪した晩年の姿を映している。体には胴服を着けており、左脇には刀一振が置かれている。正面を向き、右手で払子を執り、左手でその先を支え、左膝を立てて畳座に坐している。像高は44.5cm。檜材の寄木造。胎内に納入されていた銘札によると、1695年静勝寺第6世・風全恵薫によって造立され、以後6回の修復が施された。北区指定有形文化財(歴史資料)。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5700853


【辞典内Top3】 コンクリート方塊  増上寺景光殿(旧広書院)表門  葛西のおしゃらく  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト