MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 大田区

梅屋敷と和中散売薬所  

東京都大田区にある文化財大田区蒲田3-25-6付近。「和中散」は、食あたり・暑気あたり等に効く道中常備薬として作られ、元禄年間から正徳年間にかけて大森村中原、谷戸、南原に3店が開業した。このうち南原にあった店が後に北蒲田村の忠左衛門に譲られ、この地に移転したとされる。文正年間(1818-1830年)の忠左衛門の子・久三郎の代には庭園に梅の名木を集め、休み茶屋を開いた。大田区指定文化財(史跡)。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5700675


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト