MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > アーカイブ

ぶら下がり
【ぶらさがり】

総理番記者が首相に直接取材すること

内閣記者会に所属する記者による首相(内閣総理大臣)への取材活動として、通常は首相官邸などで毎日行われている。歴代首相は、官邸や国会などの移動中に歩きながら記者団の質問に答えていたことから、このような取材は「ぶら下がり」と呼ばれるようになった。

小泉内閣になってからは1日2回のぶら下がり受けるようになり、テレビカメラを入れないで正午頃に受けるぶら下がりのほか、執務を終えて官邸を出る夕方にはテレビカメラの前で立ち止まって質問を受けている。

その姿がメディアを通じて放送されることで、起こったばかりの事件にワンフレーズ応じるなど高い支持率を維持してきた面がある。

小泉首相は「同じ質問ばかりだから、2回は無意味として、7月からのぶら下がりを1日1回に減らした。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425311


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト