MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

洋酒手帳テキーラ > 基礎知識

テキーラの基礎知識

歴史と概要

スペインから蒸溜法が伝わって生まれたのがテキーラだ。メキシコにはもともと3世紀に始まったといわれる竜舌蘭の搾り汁(プルケ)を原料にした醸造酒があり、それを蒸溜した酒はメスカルと呼ばれ、16世紀には製造の記録も残る。それがテキーラの名で知られるようになったのは、18世紀にハリスコ州テキーラ村で造られたものが特に優れ、「メスカルといえばテキーラ産」と評判になったことから。その後19世紀にヨーロッパに広まるが、世界が注目するようになったのは、1968年のメキシコオリンピック以後だ。カクテルベースとしても好まれている。ちなみにメスカルメキシコ各地で造られており、現在ではハリスコ州が認定したもののみがテキーラと呼ばれる。


原料と製法

原料は竜舌蘭メキシコには130余種の竜舌蘭があるが、うち酒の原料となるのは数種類。その中でアガヴェ・アスル・テキラーナという品種を原料(ただしハリスコ州など5州で栽培されたものに限る)にして、ハリスコ州内の蒸溜所で(例外的に州外に2カ所)造られたものをテキーラと呼ぶ。製法では2回以上の蒸溜を経て、抽出したアルコールに加水し、35~55度で商品化することが条件で、ほとんどが40度前後で出荷される。アガヴェ・アスル・テキラーナを51%以上使用(残りはグリセリンや木の抽出物、ハイビスカスなどを香りづけに加えるものも多い)すればテキーラと名乗れるが、100%使ったものはピュアテキーラと呼ばれる。さらに熟成の違いで、ブランコ(熟成せず透明のまま瓶詰め)、レポサド(最低60日以上熟成したもの)、アホネ(最低1年以上熟成したもの)、エキストラ・アホネ(最低3年以上熟成したもの)の4種類がある。




東京書籍 (著:上田 和男)
「洋酒手帳」
JLogosID : 8515646

この辞典の個別アプリ

洋酒手帳
ウイスキー、ブランデーの二大洋酒をはじめ、ジン、ウオッカ、ラム、テキーラなど洋酒146銘柄を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 ザ・フェイマス・グラウス(THE FAMOUS GROUSE)  ポム ド イヴ(Pomme d’Eve)  カシャーサ51(CACHACA)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「洋酒手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:上田 和男
価格:1,512
収録数:192
サイズ:16.2x9.6x1.4cm(-)
発売日:2011年7月
ISBN:978-4487804528

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト