MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

洋酒手帳ウイスキー > アメリカン

アメリカン

代表はトウモロコシ由来のバーボン
アメリカンウイスキーの代表格は、なんといってもバーボンウイスキーだろう。総生産量の約半分を占めるほどの人気がある。主原料のトウモロコシを51~79.99%使用したものがバーボンだが、これを2年以上熟成させるストレートバーボンウイスキーを名乗れる。また、トウモロコシを80%以上使用したものはコーンウイスキーと呼ばれる。
アメリカにはバーボンのほかライ・ウイスキーモルト・ウイスキー、ホイート・ウイスキーなどがあり、それぞれ、ライ麦、大麦麦芽、小麦を51%以上使用することと定義されている。

発祥はケンタッキー州バーボン
バーボンの名は、フランスのブルボン王朝に由来する。独立戦争の際アメリカに味方したフランス国王ルイ16世にちなんで、ケンタッキー州の郡の一つが郡名をバーボンとした。1789年にバーボン郡に住む牧師エライジャ・クレイグがトウモロコシでウイスキーを造り、それに郡名をつけたのが始まりだ。合衆国成立後、政府の課税を逃れてケンタッキーに移住していた蒸溜業者たちがクレイグの製法を模倣したことから、バーボンウイスキーは広まった。

焦がした樽がバーボンらしさを生む
バーボンの最大の特徴は、内側を焦がした樽で熟成させること。「ホワイトオークの新樽を焦がしたものを用いる」と定められており、焦げた木の色と香りが、独特のバーボンらしさを生み出している。ちなみに、バーボンを熟成させた後の樽は、スコッチウイスキーの熟成などに再利用されている。ほかにも「原酒に水以外のものを加えてはいけない」などいくつかの定義がある。仕込み水にはケンタッキーの石灰岩から湧き出るライムトーン・ウォーターが最適とされている。

テネシーで造られる独自のウイスキー
テネシー州製造のウイスキーは、「テネシー・ウイスキー」と呼ばれる。バーボンと原料や蒸溜方法は同じだが、蒸溜後にサトウカエデの木炭で濾過し、樽で熟成する製法を採用している。代表銘柄はジャック ダニエル。この製法をいち早く確立したことで知られる




東京書籍 (著:上田 和男)
「洋酒手帳」
JLogosID : 8515558

この辞典の個別アプリ

洋酒手帳
ウイスキー、ブランデーの二大洋酒をはじめ、ジン、ウオッカ、ラム、テキーラなど洋酒146銘柄を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 ザ・フェイマス・グラウス(THE FAMOUS GROUSE)  ブレンデッド  シャトー ロバード(CHATEAU de LAUBADE)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「洋酒手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:上田 和男
価格:1,512
収録数:192
サイズ:16.2x9.6x1.4cm(-)
発売日:2011年7月
ISBN:978-4487804528

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト