MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

同音異義語辞典や行 >

余徳
【よとく】

①先人の残した恩恵。あとまで残る恵み。
[基本例]「先祖の余徳をこうむる。」「親の余徳で順調に出世する。」
[類語][余沢(よたく)]。余光。
②ありあまって他に及ぶ恩恵。
[基本例]「孝の余徳は甚だ大きい。」「彼の優勝の余徳で祝いのご馳走にあずかる。」
[類語]余沢。


[同音]余得・余徳




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「同じ読みで意味の違う言葉の辞典」
JLogosID : 4377828


【辞典内Top3】 密か・秘か  萎縮・委縮  命じる・命ずる  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「同じ読みで意味の違う言葉の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:2,700
収録数:2750語
サイズ:17.6x11.4x4.2cm(B6判)
発売日:1994年12月
ISBN:978-4755508226

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト