MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 格言ことわざ故事来歴

草廬三顧
【そうろさんこ】

いわゆる”三顧の礼”を尽くすこと。優秀な人材を獲得するには、それ相応の礼儀と処遇が必要というたとえ。草廬は、草庵、いおり、わびずまい。三国時代、蜀の劉備のもとには、関羽、張飛、趙雲らの勇将豪傑はいたが、策略の士がいなかった。それを痛感した劉備が「彼こそは」と見込んだ人物が諸葛孔明であった。孔明は、戦乱の世を避け、草庵に隠居していた。劉備は、わざわざ自分自身で三度も訪ねていった。これが世に名高い三顧の礼”で、孔明はその熱意にうたれて草庵を出た。孔明は期待に応え、全知全能をしぼって劉備のために尽くした。劉備は、「孔明を得たことは、魚が水を得たとでもたとえたいほどだ」と孔明の才幹に傾倒し、師として敬い、寝食をともにした。劉備と孔明の関係は、君臣の間柄の親密さの手本とされ、これを”水魚の交わり”という。これをまねたのが秀吉で、竹中半兵衛を参謀にするとき、このとおりにした。
『蜀志』諸葛亮。
三顧之礼
水魚之交




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373810


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト