MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

多岐亡羊
【たきぼうよう】

【意味】学問の道がいろいろに分かれていて、針路に迷うこと。転じて、方針がいろいろで、どれに従うか思案すること。
【用例】●大学に入ってやがて三年目、いよいよ教養課程から専門課程に進むわけですが、多岐亡羊、どの学科にするか迷っています。服一着にしろ、進路にしろ、現代の子どもたちはあまりにも多くの選択肢を持っている。その多岐亡羊の中で自分を見失ってしまう子も少なくないだろう
【出典】『列子』説符
【類語】岐路亡羊亡羊之嘆
【故事】中国、戦国時代、逃げた一匹の羊を大勢で追いかけたが、枝道が多くて見失った。楊朱がこれを見て、学問の道もあまりいろいろに分かれていると容易に真理が得られなくなると嘆いたという。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560761

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  筋肉隆隆  物心両面  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト